• 会社案内
  • 事業内容
  • 事業実績
  • ブログ・SNS
  • スタッフ募集
  • 校正学校
  • お問い合わせ
<< 校正塾カリキュラム その3:日本語表記1・赤字照合 | main | かもめ校正塾第10期 募集終了のお知らせ >>
校正塾カリキュラム その4:日本語表記2・事実確認
こんにちは、「かもめ校正塾」のブログです。
早いもので5月に入り、先月末に始まったかもめ校正塾第9期も
おかげさまで順調に進んでおります。
5/12開始の第10期(隔週日曜日開催)への
お申し込みもまだ間に合いますので、
もしもご興味がおありでしたら、ぜひご一報ください。


さて、今日はかもめ校正塾の第4回講義、
「日本語表記」と「事実確認」についてお話しいたします。
この回では、上記を判断するための2つのポイントをお伝えします。

まず、「迷いやすい日本語の表記」について。
例えば、外来語の表記や送り仮名の付け方などです。
どこまでを許容とし、どこからを統一の対象とするか、などなど。
鴎来堂流の整理基準をお伝えします。

ふたつめに、事実確認のノウハウです。
事実確認は本文に出ている情報の裏付けをとる作業です。
慣れていないと大変な作業なのですが、
こちらも鴎来堂流のメソッドをご紹介いたします。

第4回の課題は事実確認の実習ですが、
全6回中でも比較的難易度の高い宿題といえるでしょう。
その代わり、第4回課題ゲラは面白い情報の宝庫ですので、
読み物としてもなかなかです。


では最後に、前回出題した「日本語の正しい表記クイズ」
「じ/ぢ」「ず/づ」使い分けの問題の答え合わせです。


 ‥魄み茶碗→ ゆのみ( ぢ )ゃわん 

◆]辰型匹あ はなし( づ )らい

 布地→ ぬの( じ )

いかがでしたか?


以上です。
皆様、たのしいゴールデンウィークをお過ごし下さい。


では、またすぐに。 
(文責/W)
| kamomeschool | - | 13:10 | comments(0) | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>